鹿児島の整体マッサージ、腰痛治療で評判のあらた整骨院

鹿児島県鹿児島市の整体マッサージで評判のあらた整骨院は、慢性腰痛、ぎっくり腰、ヘルニアや交通事故むち打ち、頭痛、肩こり、首痛、坐骨神経痛、アトピーなどに対し「その場しのぎではなく、改善にこだわる」整体を得意としております。電話予約制の治療院です。 099−258−1141

鹿児島の整体マッサージ、腰痛治療で評判のあらた整骨院 イメージ画像

2007年05月

歯が痛かったので3月から近所の歯医者に通っている。

治療用のイスに座ったら自動でイスが後ろに倒れて歯の治療をします。

イスを倒したら先生が必ず「お口、開けて下さい」と言うので、

最近は先生が言う前に口を開けて待つようになりました。

でも反射とは恐ろしいものです。

昨日、夕方行きつけの床屋に散髪に行って、

髪を切ったその後、髭を剃るとき後ろにイスを倒したのです。

なんて、私はおバカなんだろう。その時歯医者にいると錯覚して、

イスを後ろに倒したとたんに口をポカンと開けてしまったのです。

時間にして約3秒。しっかりと床屋のおやじに見られました。

いやぁ、恥ずかしかったです。、

あわててあくびの真似をして口を閉じましたが、

なんとも不自然さの残るあくびでした。(笑い)




今日腰を痛めて来た50歳代の女性患者さんが、

胃もなんだか最近チクチク痛むと訴えた。

話をよくよく聞いてみると毎日お茶を2ℓ位飲むそうだ。

「ちょっと飲みすぎでしょう。」

いくらお茶が殺菌効果や抗酸化作用があり、長生きするとか

ガンの予防になるとかいう「カテキン神話」があったとしてもね。

以前本で読んだことがあるのですが、

カテキンはいくつか結合するとタンニンになる。

タンニンは植物がもつ「渋み」成分で柿の渋みもこのタンニンです。

タンニンは酸化しやすく熱湯や空気に触れると簡単にタンニン酸に

変化します。タンニン酸は、タンパク質を凝固させる働きがある。

お茶に含まれタンニン酸が胃粘膜に悪い影響をおよぼす。

お茶を常飲している人の胃を内視鏡でみると粘膜が薄くなる

萎縮性変化が起きていることがよくあるそうです。

慢性の萎縮性変化と萎縮性胃炎は胃がんになりやすいそうです。

お茶をもっと減らして後は水を飲むようアドバイスしました。

過ぎたざるは及ばず如し・・なんでも適度がいいですね。

今日の鹿児島は久しぶりの大雨でしたね

でも雨の中たくさんの患者さんが来てくれました。

今夜の我が家の晩御飯は、患者さんから頂いた

キビナゴのから揚げとビールです。

腰部脊柱管狭窄症と病院で診断され、坐骨神経痛的な

下肢の激痛を訴える患者さんが来院しました。

歩くときも、ベッドで寝返りをするときもかなり痛いとのこと。

でも身体のある部位を押したら痛みがあ〜ら不思議、

約70%も消えました。まだ30%の痛みと痺れが残りますけど、

70%も改善すれば上等でしょう。本人も大喜びです。

たまたま痛みが消えたのだろうか?

腰部脊柱管狭窄症とは読んで字のごとく脊柱管という神経を

囲んでいる管が何らかの原因により狭くなっている状態です。

この患者さんは痛みの30%が脊柱管狭窄症で

70%は他が原因だったのか。

残り30%の痛みも消して患者さんの喜ぶ顔がみたいものです。









昨日は2週間ぶりに加世田の実家に帰りました。

母親がネックレスに結び目が出来てほどけないから

私に解いてくれというので、どれどれお安い御用だと試みた。

しかし、10分程ネックレスと格闘したが、なかなかほどけない。

どうも結び目がぼやけてはっきり見えないのだ。

結局、母親の老眼鏡をかけて解くことが出来ました。

くやしいけど、とうとう私も老眼鏡が必要な年齢になったのか。

作りたくないなぁ、老眼鏡なんて・・

今日もたくさんの患者さんが来てくれました。

2時間も待たした患者さんもいて申し訳なかったです。

当院の患者さんはいい人ばっかり、頼みもしないのに次から次に

新しい患者さんを紹介してくれます。

ほんと、ありがたいことで、感謝してます。

これからもますます頑張りますよ。

私はビールが好きでよく飲みますが、

特にサントリーのザ・プレミアム・モルツが大好きです。

高いのでしょっちゅうは飲めませんけどね。

普段は安い発泡酒を飲んでいますよ。

ちなみになぜ「サントリー」と言う会社名か知っていますか?

バスガイドさんから聞いた話ですけど「サントリー」の

創始者が「鳥井」という名前だそうです。

鳥井さん、鳥井さん、鳥井さんと三回言ってみて下さい。

すると、あーなるほどね。

解っていただけましたでしょうか?

昨日の続くです・・・

その前に私は大衆の面前で大変恥ずかしい格好をさせられました。

私は工事現場の白いヘルメットを加藤茶の様に頭にかぶり

そのうえヘルメットのてっぺんに車用の初心者マークを吸盤でくっ付けて、

右手で3本のナイフを高々と持ち上げ、左手の親指と人差し指で

Vサインをつくり顎の下に置きポーズを決める。

(どうですか?皆さんもちょっと形だけでもやってみて下さい)

(間抜けなポーズでしょ)

私は、3本のナイフを渡した後、もう一つ仕事が残っていました。

それは、大道芸人のダンディGOが上手くナイフをジャグリングしている間に

扇子をもってガンバレーと手をヒラヒラさせながら応援することでした。

その扇子には表に「よっ!あんたが日本一」と書かれ

裏には「あっぱれ、あっぱれ、あっぱれ」と書かれていました。

あっ、この扇子は貰ったので整骨院にあります、誰か欲しい方がいましたら

無料で差し上げますよ。

こんな恥ずかしい経験は初めてでしたが、もう二度としたくないです。

でもまぁ少しは度胸も付いたかもね。(無理なプラス思考?)

おしまい



昨日の続きです・・

するとその大道芸人の男が突然私の方を指差し

「そこのダンディなお兄さん、手伝ってくれませんか?」

と言って私の方に視線を送ってきたので、

私はやばいと思い目を下にそらし知らん顔をしました。

でもその大道芸人の男は私を見逃してはくれませんでした。

「ほら、そこの腕組みをしたダンディなあなたですよ。」と言いながら

舞台からツカツカと降りてきて私の手をグッと掴み

抵抗する間も与えず舞台に引っ張り上げたのです。

高い舞台からを見るとざっと500〜1000人位は

いるであろう観客が見えましたが気の弱い僕はまともに見れません。

動揺した私の身体は交感神経の興奮でアドレナリンの出っぱなし状態。

(もう心臓が破裂するかと思いました。)

そして大道芸人男は机の上に円柱状の筒をおいてその上に板を置き、

その不安定な板の上に乗ってナイフを3本ジャグリングするのだ。

私の手伝いの一つは大道芸人男が机の板の上に乗りやすいように

体で支えてあげることと、ナイフを1本づつ手渡してあげることでした。

但し、その前に私は大衆の面前で大変恥ずかしい格好をさせられました。

(悪夢でした、もう二度と思い出したくないです。)

話が長くなるのでまた次回に。
                        ・・つづく












ゴールデンウィークの最終日の6日の日に

私は、今までの人生の中で5本の指に入るぐらい

恥ずかしい思いをしたので告白します。

中央駅近辺を散策中に中央駅の前の広場通りがかったら、

ちょうど舞台の上で一人の男がショーをしていたのだ。

面白そうだったのでちょっと観ていくことにした。

(今思えばその判断があやまりでした。

その男の名前はダンディGOと言い、大道芸人の第一人者だそうです。

(ダンディ坂野じゃありませんよ。坂野よりずっと2枚目でした)

ジャグリングが得意でヨーヨーとか、こん棒を巧みに操りながら

難しい技を魅せたりわざと失敗したりして結構観客にうけていた。

私は楽しかったので真正面の前列からそのショーを見ていた。

いよいよショーも最後の見せ場になり円柱状の筒の上に板をのせ、

その不安定な板にその男が乗って3本のナイフをジャグリングするという。

するとその男が突然私の方を指差し

「そこのダンディなお兄さん、手伝ってくれませんか?」

というではありませんか。 


(話がながいので今日はここまで )   つづく

↑このページのトップヘ