今の野菜は土の衰えや、栽培方法の変化により

野菜自体の栄養が年々不足しています。

スーパーでは1年中見た目キレイな野菜や果物が並べられている。

まったく「旬」がないです・・

僕の子供の頃は、よく畑でキュウリやトマトを

食べたことがあるが、現在の物とは全然味が違った。

味が濃く調味料なしで、そのままかじっていたが

十分甘くて美味しかった記憶があります。

味だけでなく色も形も今の物とは違った。

トマトは真っ赤っか、キュウリはグニャリと曲がり、真っ直ぐしていない。

ピーマンも今のものより色が濃く味も苦かった。

ちなみに昔のキュウリ1本分の栄養を摂ろうとすると、

今のキュウリは実に11本も食べなければならない。

また、人間が1日に必要なビタミンCは50mgといわれているが、

20年前だとみかん半分で取れた量です。

現在のみかんだと、なんと20個も食べなければ摂れないそうです。

そんなに食べられませんよね。

にんじん、ピーマン、白菜、ほうれんそう・・

あらゆる野菜が栄養不足になっているのです。

残念だけどそういう時代なのです。

栄養不足の野菜を食べている人間が元気がでる分けがありません。

だけど栄養を摂らないと健康でいることができないので、

私はサプリメントで栄養を補給してます。

おかげで元気ピンピンです。

「サプリなんて」・・とまだ言ってる人は原始人ですよ。