若き女性患者○○さんは、昨夜重い荷物を抱えてぎっくり腰になりました。

今日の午後やっと親戚の叔母さんに連れられて

治療に来たが、待合室で座っているのもつらそうでした。

ベッドはうつ伏せが出来ないのであお向けで治療しました。

私が治療すること10分、うそのように痛みが取れて大喜びです。

痛みが消えると人間、弁舌もさわやかになるものですね。

大変な秘密を話してくれました。

それは、腰が痛くて寝ていたのですがトイレに行きたくなり

我慢できず痛みをこらえトイレまで這って行ったそうです。

トイレの前で立ち上がったのいいが今度は痛くてトイレに座れない。

しかたがないので、なんとなんと脚をがに股ぎみにして

少しだけ腰を落とし立ったまま用を足したそうです。

つまり、エ〜 立ちシ○ン?? 

おもわず想像しましたが恐ろしい光景です。(爆)