24日にアイ・アム・レジェンドという映画を

与次郎のフレスポで観てきました。

感想は一言でいうと「怖キモ」です。(怖くて気持ち悪い)

ストーリーは、ある女医が癌を治療するウィルスを発明したが、

そのウィルスは人間にどんどん伝染し、

感染すると凶暴な狂犬のようになって、

人間を襲って食うようになってしまいました。

そして人類は滅亡していきました。

感染を免れた主役のウイル・スミス以外の狂犬人は

紫外線に当たると死ぬので、

昼間は外に出られません。夜だけ活動します。

ウィル・スミスは狂犬人と戦いながらも

特効薬を開発し、最後は自分の命と引き換えに・・・・

あとは映画を観て下さいね。

私にとってはあまりにも超怖キモ映画だったので

お口直しではありませんが、

「オール・ウェイズ続・3丁目の夕日」も観てきました。

おかげで怖キモさを忘れホンワリとした気持ちになれました。(・∀・)