今日は、午前中患者さんが多くて

お昼ご飯が待ちきれず、お腹が空いてしかたがありませんでした。

お腹がグゥ〜グゥ〜鳴りっぱなし。

そういえば、どうしてお腹が鳴るのでしょうか?

胃は、食べたものを胃液で溶かし十二指腸に送ります。

その十二指腸で、消化酵素を出して

さらに細かく分解して、栄養を吸収する小腸に送られます。

ところが、お腹が空いているときに

食べ物を想像したり、見たり、臭いをかいだりすると

胃が勝手に動いて、

空っぽの胃の中にあった空気十二指腸に

送り出してしまうのです。

その時に、胃と十二指腸をつなぐ弁が空気によって

振るえて、音が鳴る!ということらしい。

お腹が鳴るというのは、胃が活発な証拠なんですね。

元気があると言うことで、よかった