昨日、無性に竹亭のトンカツが食べたくなり行きました。

そこで、今時めずらしい光景を目撃しました。

奥のカウンターで800円のトンカツ定食べていると、

入口近くのカウンターで、隣同士に座った20歳代の男と

40〜50歳代の男がいきなり大声で怒鳴りあいの口論となり

立ち上がって胸ぐらを掴んで殴り合い寸前になったんです。

どうも、40〜50歳代の男がカウンターにあるメニューかなんかを持って

カチャカチャとうるさい音をたてたらしい。

それに、音にイラついた20歳代の男が「うるせーぞ」と怒鳴って

40〜50歳代の男が「なんだとー」となった様子です。

店員さんと、連れの男がなだめてなんとか事なきを得ました。

時間にして3分位、他にお客さんもいっぱいいました。

みんな、大口を開けてトンカツを食べるのを忘れて見入ってました。

結局、20歳代の男は連れと店に残り、

40〜50歳代の男は、連れの女性とそのまま帰りました。

中村天風さんの本によれば、

「人に怒りをぶつける人は、精神病のあらわれ」

「怒るのは自制心のなさ」

「怒るのは未熟者」と書いてありました。

僕も、あまり人のことは言えません。「うるせーぞ」と、

もし頭ごしに怒鳴られたら、「なんだとー」と出る方です。

でも、そこで「うるさかった?ごめん、悪かった。」と

笑顔でスッと言えれば、ケンカになりません。

男は弱い男に見られたくないと言うメンツがあります。

しかし、真に強い男はそこで「ごめん、悪かった。」と言える男だと思います。