あらた整骨院の患者さんには、めったにいないのですが、

たま〜に、治療中に人間関係のことや職場の愚痴、不平不満を

僕に腹いっぱい聞かせてくれる方がいます。

僕の実の姉と義理の兄は、

水難事故と脳出血で、若くしてあっという間に亡くなりました。

姉は33歳の時、兄は40歳でした。

もう、この二人は、

不平不満も言えないし、誰にも聞いてもらえません。

まだ、不平不満が言えることが、実は幸せだったりします。

多分、やり残したことがたくさんあって

空から不平不満を言っている人を見て

羨ましがっているかも知れません。

と、こういう偉そうなことを書いている僕も

不平不満をよく言います(笑)

朝起きて息が出来るだけで、感謝で〜す。