忘年会の時期ですが、

お酒は肝臓に負担をかけるのでほどほどに飲みましょうね。


お酒は肝臓で分解される過程でアセトアルデヒド

という物質に変わりますが、アセトアルデヒドは毒性が強く、

お酒をたくさん飲むと全身に廻って体に悪い影響を与えます。


悪酔いや二日酔いなどで起る頭痛や吐き気は、

アセトアルデヒドが脳に行って悪さをしているのが原因なのです。

僕も若い頃は、よくバカ飲みして頭がガンガンしてました。


肝臓は再生力が強い臓器で、お酒を飲む量が少なければ、

傷んだ肝細胞でも、再び元に戻ります。


しかし、毎日大量にお酒を飲むと元に戻らなくなって、

「脂肪肝」という病気になります。


脂肪肝は、お酒だけに限らず、おかずの食べすぎや

ケーキやシュークリームなどの砂糖の摂り過ぎでも起りますからね。


それを利用して作った世界三大珍味が「フォアグラ」です。

それらをやめれば肝臓は元に戻りますが、

それらを長期間、大量に摂り続けると、肝硬変になってしまいます。


肝臓に害を与えないお酒の飲み方の目安は、

ビールなら大ビン2本程度、焼酎のお湯割りならコップで2杯程度

を目安にすればいいようです。

少ないですか?(笑)