今日もいい日です
絶好調です。

よくご来院の患者さんから・・

「どういう姿勢で寝るのがいいんですか?」って聞かれます。

それでいろいろ調べていたら・・

寝相で身体に関して・・
いろいろなことがわかる面白いサイトがあったので

コピペしてそのまま貼り付けました。

サイト名は・・
【ハードワーカー必読】 寝相の示すSOSを見逃すな!体は悲鳴を上げています。


ここからです。↓

人は眠っている間に一番ラクな姿勢を

無意識のうちにとっているようで、

これが「寝相」となるわけですが、

実は、この寝相が隠れた体調不良や
心理状態を教えてくれているのです。

いつも決まった体勢じゃないと眠れないという人、

目が覚めた時になんだか変なポーズになっているという人は・・
次のどのタイプに当てはまるか今すぐチェックしてください!!

【危険レベル1】仰向け+足を伸ばしている
3631057151_1f650ee67d_b-628x393[1]

とっても健康体です!

仰向けで眠るというのは、実は体力のいることなのです。
これは問題なしです。仰向けでラクに眠れるのは、

心身ともに健康的、特に心配な部分のない、
理想的な状態だと言えます。

【危険レベル2】仰向け+片足を大きく開く
88673d1ec200efeea8c82af60b34d5cc_l-419x628[1]

アゴの開き、骨盤の歪み

仰向けにはなれるが、どちらか片方の足が
外側に大きく開いているという人は、

開いている足と同じ側の「アゴ」が開いているそうです。
顎関節症の人がこの寝相になりやすいとも言われています。

このアゴの歪みが股関節を悪くするとも言われていて、
結果的にこのような寝相になるのです。

【危険レベル3】横寝+右を下にしている
0e0c47bf3b9da7e021df8f774589821d_l-628x419[1]

消化器系(胃)の不調

横向きで寝ることは、左右どちらを下にしているかによって

不調部分が違います。特に右を下にしている場合には、
胃や消化器系が弱っていることを示しています。

疲れている臓器を上にすることで体温を下げて休ませようとしているのです。

また、横向き寝は顔に300g〜800gもの負担が
かかっているとも言われていて、

歯並びや噛み合わせが悪くなる原因や、

肌のたるみの原因にもなるので
美容のためにも今すぐに直したいですね。

右手を上げている
5d7114ead184402f4d0ad937c462a0cc_l-628x419[1]

重度の胃の不調(食べ過ぎ、飲み過ぎ)

右向きで寝ていることに加えて、
さらに右手を上げていた場合、かなりやばいです。

飲みすぎ、食べすぎです。

右手を上げると肋骨が広がり、
胃のあたりが緩んで楽になるのでそのような寝相となります。

【危険レベル4】横寝+左を下にしている
c98ad3da6e3b2024a9ff98085a400b18_m-628x442[1]

肝臓の不調(アルコール飲みすぎ)

右の肋骨の下には肝臓があり、
これを上にしているということは
肝臓がかなりお疲れなことを示しています。

アルコールだけでなく、
食事の乱れや、添加物のたくさん入ったものを
食べていたりすると肝臓に負担がかかります。

左を下にしていると、心臓を圧迫するばかりか、
胃、小腸、大腸などの消化器系を圧迫するので、

非常に不健康的な寝相と言えます。

【危険レベル5】バンザイしている
173818958_c989e851ce_o-628x412[1]


肩、首、目の疲れ

バンザイをして寝ているのは
一見気持ちよさそうに寝ているようですが、

肩や首、目の疲れているサインです。
その周辺の筋肉が凝り固まっているために、

反動的に手を上にあげる楽な姿勢をとっているのです。

目や手先をよく使う仕事の人や、
パソコン、スマホを長時間使用する人に良く見られる寝相です。

布団から肩や腕を出していることになるので、
冷えて血流が悪くなりコリは悪化します。

また、手を上げていると深い呼吸ができなくなるので、
起きた時に体がスッキリしていなかったり、

寝ても疲れが残っている原因になっています。

【危険レベル6】横寝+両膝を抱えている
1878583534_fbbf347455_o-628x493[1]


全体的な内臓の不調、悩みを抱えている

内臓を守ろうとしている姿勢ということは
やはり消化器系が弱っていることのサインです。

両膝を抱え込むという行動は、
心理的に不安を抱えている状態を示しています。

長時間足を重ねたままにしていると
静脈が圧迫されるので高齢の方などは特に注意が必要です。

上に来ているほうの足は
身体の前側に出すとラクに眠ることができます。

【危険レベル7】仰向け+膝を立てている
689ad2d5b9afdd6abc38ba2314c2e607_m-628x416[1]


足腰の疲労、精神的緊張

睡眠中の膝立ては足腰に溜まっている疲労を
緩和させようとしている行動です。

さらに、膝を立てて足組みをしている場合には、
脚の疲れが相当きているサイン。

眠りに入ろうとしているのに、
メンタル面で緊張が抜けきっていない状態です。

神経質でデリケートな人に多い寝相でもあります。

【危険レベル8】うつぶせ
1569648116_38a75478c4_b-628x418[1]


消化器系の不調、極度のストレス

消化器系が弱っているときに
うつぶせの姿勢をとります。

また、うつぶせは極度のストレスに
さらされている時にとるポーズでもあります。

長時間うつぶせでいると腰に負担がかり、
結果的にホルモンバランスが
悪くなるということも言われています。

首に負担がかかり、
背骨の曲線が支えられないために

腰痛を引き起こす原因にもなるので注意が必要です。

【危険レベル9】何かに抱きつく
3227445097_32f70cb54f_o-628x471[1]


慢性的な欲求不満、不安感

身体の不調というよりは、
精神的不調を如実に示す寝相です。

このような寝相をとる人は、

昔から布団や枕、ぬいぐるみなどに
抱きつかないと眠れないというタイプ。

慢性的に不安症で、

日常生活でも常に欲求不満に

悩んでいる状態なので、
実はメンタル的にかなり弱っていることが多いはず。

あなたの寝相はどのタイプでしたか?

ちなみにお酒好きの著者は
「横寝+左を下にしている」=「肝臓の不調」でした控えます。

身体の不調から来る寝相は、
その部分の疲れを抜こうとする体の自然な動きなので、

無理に矯正する必要はありません。
しかし、その体勢で長時間いることによって、

特に筋肉のコリや骨盤の歪みなどが
悪化することがありますので、

やはり不調のもとを根本から解消するよう心掛けたいです。

この中の寝相に当てはまった方は、
疲れやコリの原因、ストレスの解消や、
日頃の食生活の見直しを行ってみてください。


さ〜今日も張り切っていきましょう〜!

嬉しい! 楽しい! 幸せ! ツイてる! 大好き!

今日もブログを見てくれてありがとうございます!

あらた整骨院のホームページはこちらです 

当院には、腰痛等で辛い思いをしている方が多数来られます。

手術を勧められたが、恐くてやりたくない腰の椎間板ヘルニア
何ヶ月も治療に通っているのによくならない、お尻と足が痛い坐骨神経痛
男性には分からない女性に多い腰痛のお悩み
忙しい仕事で限界まできて足腰が立てないぎっくり腰

そんなものは・・当院で捨ててもらいます!

高度な整体で、あなたの人生がさらに良くなるように・・全力で院長がサポートさせていただきます。

整体料金 初回7,000円(税別) 2回目以降 5,000円(税別)
当院では、施術のレベルを高く保つ為に健康保険証は使えません。

鹿児島市荒田1−40−11 トーカンマンション1F
電車通りを挟んで荒田八幡神社の真向かいのあらた整骨院の詳しい場所はこちら
料金はこちら

当院は電話予約制です。099−258−1141