あらた整骨院の元気が出るブログ

整体で鹿児島を元気にします! 日々の気づきを投稿中

あらた整骨院の元気が出るブログ イメージ画像

腰痛 ヘルニア 背中の痛み ぎっくり腰

今日も腰を痛め、

介護のお仕事をしている方が来院しました。

最近、結構多いんです。

現場で前かがみになることが多いので、

痛めやすいですね。

なるだけ、介護するとき相手に抱きついて、

自分の身体の中心に密着させることが大切です。

後、日頃から腹筋や背筋を鍛えることも必要ですね。

男性患者のHさんは、

朝一番 に開店前から院の前に待っていました。

腰が痛くて重症だと訴えます。

でも、治療を始めて検査するとどこも痛くありません。

つまり、もう治っていました。

「おかしいなぁ?あんなに痛かったのに」と、本人は頭を捻っています。

この方はいつもそうなんです。

僕の顔を見ただけで不思議と治るのです。

ラクなもんです(笑)

ぎっくり腰で来院の男性患者は治りが今一悪い。

今日で3回目、普通はもう治っているはずなのにまだ痛そう。

おかしい?と、思い話をよくよく聞いてみれば、

なんと、昨日の夕方4時から朝の6時まで立ちっぱなしで

仕事をしたと言うじゃありませんか。

普段でも、寝るのは夜中の3時頃なんです。

やっぱり、無理はいけません。

回復するには休養も必要なんですよね。

健康に対する優先順位が低すぎます。

健康あっての仕事なんですけどね。

 

 

 

よく腰が痛い患者さんから、

腹筋を鍛えた方がいいですかねぇ?・・と聞かれたりします。

しかし、いくら腹筋を鍛えても腰痛は治らないというケースが多いですね。

逆に、腹筋を鍛えすぎて硬くすると、

深層筋と浅層筋のバランスがくずれます。

腹筋を強くすることは悪いことではありませんが、

強くすることと、硬くすることは違います。

筋肉は硬くなると、むしろ弱くなり、さまざまな変化に対応できません。

そして、切れたりつったりするなどの症状が出やすくなります。

よくスポーツ選手が腹筋は強いはずなのに腰痛に悩まされていますよね。

強い筋肉とは、弾力があって順応性あり、安定性があるということです。

格闘家であれば、はがねのような筋肉をつけなくてはならないでしょうが、

普通の人は、そんなに筋肉はいらないので

しなやかで、持久力のある筋肉を

ほどほどに鍛えるのがいいでしょう

 

 

ぎっくり

 

ぎっくり腰で来院です。腰は激痛!

まだ、20代前半なのに

カラダは歪みきって、まるで老人のようでした。

 

 

ぎっくり2

 

3回目の治療で激痛消失。

カラダも若者らしくなりましたので、

治療を終了しました。

 姿勢

カラダを傾けての来院で〜す。

激しい腰痛!見てるこっちが痛いです。

 

    

 

 

姿勢2

1回の施術で

少しましになりました。

でもまだ痛いです。

 

 

 

立位2

2回目です。

もうちょいです。痛みも大部やわらぎました。

 

 

 

 

立位

4回目です。

大部ましになりましたので、治療を終了しました。

よかったね、Aさん

また痛めたらいつでも来て下さい。

姿勢に気を付けて、お仕事ガンバって下さいね

姿勢3 昨日の患者さんは、

一応ここまでなりました。

昨日のブログの写真を見て下さいね。

もうちょっとですが、

お仕事や用事があって治療に来れません。

ま、大丈夫でしょう。

 

姿勢腰の激痛で来院しました。

カラダは、まるでイタリアのピサの斜塔の様に

傾いていました。

 

 

 

 

 

姿勢2 1回の治療では改善できませんでしたが、

かなり痛みは取れました。

あと、数回で治るでしょう。

今日も、急性腰痛で女性患者さんが来院しました。

僕の全身の施術で腰も良くなり、本人も笑顔がでました。

やっぱり、しかめっ面より笑顔の方がいいですね。

僕も嬉しくて笑顔になりました。

今日もハッピーな一日でした。

 

昨日は、春分の日でした。

昨日を境に、これから日が長くなっていくんですね。

さて、今日もぎっくり腰の患者さんが来院しました。

この方は、他の整骨院に通院してましたが、

17日のこのブログを見て本当にわずか1回で

ギックリ腰がよくなるのだろうか?

疑いながらも試しに治療にやってきたのです。

カラダは、真っ直ぐ立てず、可笑しいほど歪みきっていました。

しかし、1回の施術で見事に改善し痛みも取れました。

この方も大変喜んで、月曜日に予約をして帰りました。

僕は、施術後に治るためのアドバイスはしますが、

「様子を見て下さい」なんてことは、滅多に言いません。

あらた整骨院は、患者様のために可能な限り

短期回復を目指しています。

 





 

↑このページのトップヘ