あらた整骨院の元気が出るブログ

整体で鹿児島を元気にします! 日々の気づきを投稿中

あらた整骨院の元気が出るブログ イメージ画像

頭痛 首肩痛 首ヘルニア 手しびれ 寝違い めまい ムチ打ち

c6a9a943.jpg
病院で撮ったCTとMRIの写真を持参して来院。

見てみると首の4番と5番の間のヘルニアでした。


夜もよく眠れないほど痛く、たまらず当院に来院。

わざわざ屋久島からです。

なので、鹿児島市に泊り込み。


わずか3回の治療で90%も改善がみられ、

本人も大喜びで帰っていきました。


首や腰のヘルニアを手術で除去しても

治らない人や再発する人をたくさん見てきました。

ヘルニアが原因で神経を圧迫して痛みがでるという説は

必ずしも正しいとは限りません。


人間のカラダに無駄なものは何一つありません。

手術は、はやまらず医師とよく相談して下さい。

今回の治療も首の骨には全く触れることなく

改善できました。


よかったです。(^_^)v








首の寝ちがいで激痛の患者さんの話。

治療を終えて、

「今晩、お酒は飲まないで下さいね。」って言ったら

「え〜〜今日だけですよね?分かりました。」って飲みたいそぶり。


この方は血糖値も高いし血圧も高い。


かなり、やばいのにお酒もタバコも飲んでいます。


寝ちがいの痛みで死ぬことはないけど・・・


不思議ですね。人間の心理って(・∀・)つ


よく、整骨院に首や腰が痛くて来院したとき、

以前、痛くて病院でレントゲンを撮り、

「骨と骨の間が狭くなっていると言われました。」とか、

「骨が曲がっていると言われました。」

「だから痛いのですかね?」って

って申告する方は結構多いです。


しかし、痛みがない正常な人でもレントゲンで調べれば多かれ少なかれ

骨の並びが歪んでいたり、変形していることはよくあります。


患者さん自身、こういう事はいつまでも潜在的に覚えているものです。


それと今の痛みと結びつけて、

別に放っておいたほうがいいような痛みも

骨が変形しているから痛いんだと思い込み

症状が固定化することもあるかも知れません。

思い込みって恐いですね〜。







今日も鹿児島はとってもいい天気


今朝も早起きしてウォーキング。


カラダは絶好調です。


おかげさまで、整骨院は午前も午後も満員でした。


今日は、偶然か首の痛い方が多かったです。


首はデリケート。


よく痛める部位でもあります。


〇〇さん、良くなってますから安心して下さいね。

今日の鹿児島は、昼前に雨が降りましたが、


今は快晴です


首を痛めて来院中のKさんは、


特に、首を後ろに反ったときと、


右に廻したときに、右の首の付け根が痛かったのですが、


その動きの痛みは3回の施術で、大部消えました。


でも、寝ていて不意に寝返りを打ったり、


仰向けから起き上がるとき痛みが出ると訴えました。


そこで、Kさんのお腹を施術して、寝返りを打たせたり


起き上がってもらったりしたところ、


首には触れることなく、かなり痛みが軽減しました。


どこが痛いかより、なにをしたら痛いか、これ大事です。


桜






今日は、桜島から〇原さんが


船に乗り、電車に乗り、来院してくれました。


今日で2回目。本当に感謝です。


首の痛みが早く治るよう一生懸命施術しました。


早く治るといいですね

今日も鹿児島は暑いですね


女性患者のから予約の電話がありました。


「もしもし、Aですが」


Aさんといっても、Aさんは数名いらっしゃるし、


僕はピンときませんでした。


すると、すばやくそれを察知したのか、


「首のAです。」と言われたんです。


「首のAさん」といえば、あのAさんしかいません。


このAさんは、数ヶ月に1回の割合で、


必ず寝違えになって首が痛くなるのです。


そして1〜2回の治療でよくなります。


過去に首以外で治療を受けたことはありません。


なので、ハンドルネームは「首のA」なのです。


おかげで、電話でそれだけで言えば、


全て通じ合う仲になりました。


今日も、こうならないようにしようねと、


しっかりケアーのやり方を教えましたが、


多分やらないかもね(笑)

昨日のケータイからのブログ投稿は成功してました


もっと、むずかしいと思ってましたがいたって簡単!


送信先ブログのアドレスにするだけで、


普通のケータイメールと全く同じ要領なんです。



やはり、なんでもチャレンジですね!




今日は、ひどい寝違えで首が痛くて


ほとんど、どの方向にも動かせない方が整骨院に来院しました。


僕はこういう症状は、得意としています。


ほとんど、首には触れることもなく、痛みも7〜8割軽減し、


首の動きもかなり良くなりました。



次回の予約も頂き、


帰りは笑顔で送り出す事ができました








言葉の使い方は大切です。


なんせマイナスの言葉を使うことを


止めるだけで人生変わりますからね。


今日も、首が痛くて来院の患者さん。


施術後、「首の痛みはどうですか?」と聞くと、


「今は痛くないです。」


「今は、」は余計でしたね(笑)


「痛くないです」だけで十分。


今は痛くないけど、


また「後で痛くなる」ともとれますからね。


自分の言葉を一番近くで聞いているのは、


他でもない自分です。


気を付けましょうね、というような


お話をこの患者さんとしました(^_^)v





昨日、来院の自費治療の男性患者さんは、

私の施術が物足りないようすでした。

もっとそこを強く押して!と言いたいのはよくわかります。

でも、大切な人のカラダを強くグリグリ、ギューギュー押したり、

揉んだりすると、筋肉内の微細な血管が破れて内出血が起きます。

この強刺激を繰り返していると、次第に皮膚や筋肉が硬くなります。

痛みによって身体のどこかが緊張して力も抜けなくなり、

交感神経が興奮しますから、血管が収縮し血圧もあがります。


また、関節を瞬間的に捻ったり、

引っ張ったりするバキバキ矯正も危険性が高いのです。

過去、矯正の失敗により全身不随や下半身不随になった事故が

何例か裁判沙汰になったこともあります。

実は、私も10年前は、ギューギュー、グリグリ、バキバキを

行っていました。今考えれば冷や汗もんです。

これらの治療法では、小学生の娘にも80歳のおふくろにも

施術出来ないと10年前に悟りました。

実際、寝違えもギックリ腰もこういう強刺激では、

治るどころか、かえって悪くなり治すことは出来ません。

そして、今の施術法に至っているわけです。

まだまだ、勉強して患者さんに貢献しますよ(^_^)v



↑このページのトップヘ