あらた整骨院の元気が出るブログ

整体で鹿児島を元気にします! 日々の気づきを投稿中

あらた整骨院の元気が出るブログ イメージ画像

元気になる健康法

鹿児島市は、連日のドカ灰です


こうなると雨が欲しいですね。


水は汚れを流してキレイにしてくれます。


これは、体内も同じです。


水は体を中和して老廃物を排出する効果があるのです。


でも、できるだけ、常温の水を飲むようにしましょう。


冷たい水はおいしく感じますが、


カラダのためにはあまりよくありません。


できるだけ常温でゆっくりと飲むことです。


本当においしい水というのは、常温でも無理なく飲めるものです

昨日、来院の自費治療の男性患者さんは、

私の施術が物足りないようすでした。

もっとそこを強く押して!と言いたいのはよくわかります。

でも、大切な人のカラダを強くグリグリ、ギューギュー押したり、

揉んだりすると、筋肉内の微細な血管が破れて内出血が起きます。

この強刺激を繰り返していると、次第に皮膚や筋肉が硬くなります。

痛みによって身体のどこかが緊張して力も抜けなくなり、

交感神経が興奮しますから、血管が収縮し血圧もあがります。


また、関節を瞬間的に捻ったり、

引っ張ったりするバキバキ矯正も危険性が高いのです。

過去、矯正の失敗により全身不随や下半身不随になった事故が

何例か裁判沙汰になったこともあります。

実は、私も10年前は、ギューギュー、グリグリ、バキバキを

行っていました。今考えれば冷や汗もんです。

これらの治療法では、小学生の娘にも80歳のおふくろにも

施術出来ないと10年前に悟りました。

実際、寝違えもギックリ腰もこういう強刺激では、

治るどころか、かえって悪くなり治すことは出来ません。

そして、今の施術法に至っているわけです。

まだまだ、勉強して患者さんに貢献しますよ(^_^)v



ゴールデンウィークは、博多に大阪と充実した連休でした。


やっぱり、GWとはいえ、都会は鹿児島と違って人が多い。

わんさかいる。いったいどこから来るのだろうか?


食べ物屋さんは、どこも長蛇の列で満員です。(驚)


確保するのも、ある意味必死!!


もたもたしてたら、美味い者にはありつけそうにありません。


そんな中、博多でとんこつラーメン。

大阪では、たこ焼きに焼きそば、お好み焼きと食べまくりました。

おかげで体が重いです。


さっそく今日から粗食にしてます

お腹いっぱいご馳走を食べると、誰もが幸せを感じます。

では、お腹一杯の「お腹」はどこでしょう。

多分胃のことだと考えますよね。

でも、空っぽの胃に大量の水を飲んでも満腹感は感じません。

感じないどころか、お腹が張ってかなり苦しいでしょう。

実は、幸福感を伴う満腹感を感じるところは胃ではなくて、

脳の視床下部にある満腹中枢という場所なんです。

だから、手術で胃を取ってしまった人でも満腹感は感じます。


食べ物に必ず含まれている糖が体に吸収されて

血糖が上昇して満腹中枢を刺激するので満腹感を感じるのです。

ということは、お腹がいっぱいにならなくても

血糖が上昇すれば胃に食べ物を入れなくても満腹感を感じるわけです。

残業なので、お腹が空いて集中力が欠けたときには、

ほんの少しのチョコレートがおすすめです。

空腹感が癒されて、集中力が復活します。

残業終了後に夕食をとっても、

そんなにカロリーオーバーにはなりませんよ。


今日は朝から大雨です。

雨のせいか患者さんも少なく、ゆっくりしてます。

ネットやメルマガをみたりしてたら、

いい言葉があったのでシェアーします。


脳は望んでいる姿と望んでいない姿に区別を付けない。

脳はイメージするものをすべて実現しようとする。


「ガンを治したい」と言ったら、

結局、ガンをイメージしているので、

脳はガンを維持しようとする。

「健康でいたい」「裕福になりたい」

「ラブラブでいたい」と言うようにしよう。

マイナスの表現をすべて追放するようにしよう。


言葉や思いって大切ですね。

普段の言葉や思いが今の自分の姿なのです。

振り返れば、思い当たる節が沢山あるな〜。

気をつけないと・・

今日の鹿児島はとっても寒く粉雪がチラホラ舞い降りていました

さて、ブログを見た方から深呼吸のやり方ついて質問がありました。

リンパ液を最も効率的に浄化する方法は深呼吸です。

リンパ液は身体の全細胞を囲んでいて、

血液によって運ばれる栄養素は、リンパ液に転送されます。

それから、各細胞は、リンパ液からその栄養素を吸収します。

そのときに、個々の細胞は受け取る栄養素を新陳代謝して、

老廃物を生み出し、それをリンパ液に戻すのです。

もし、リンパがキチンと清掃されていなければ、

老廃物が蓄積され流れないトイレのようになります。

トイレが1週間も流れなかったら大変な状態ですよね。

老廃物がリンパに蓄積され、栄養素は淀んだリンパに溜まり、

もはや細胞に届かなくなります。

個々の細胞は栄養失調に苦しみ始め、老廃物に毒されます。

深呼吸をするだけで、リンパ液が浄化されます。

深呼吸のやり方は簡単です。

吸って⇒止めて⇒吐くという動作を

1:4:2の時間の割合で行います。

肺が完全に拡大するまで鼻から吸い込む時間を「1」

吸った時間の4倍で呼吸を止める時間を「4」

息を止めた時間の半分の長さで口から

「ハーッ」と吐く時間を「2」という割合です。

簡単ですね。

深呼吸が身体にいいので、

ヨガや気功、太極拳、武道などでも深呼吸を強調していますよね。

ぜひ、この深呼吸を1日3回、

1回5〜10分を目安にやってみて下さいね。

今日の鹿児島は気温が低く寒いです

本日は、前のブログの続きになります

深呼吸とリンパ液についてです。

酸素は最も大切な命の糧ということは言うまでもありません。

命の基本であり、ガン細胞以外の全ての細胞は酸素を

その基本のエネルギー源にしています。

深呼吸は細胞のエネルギー源である酸素を取り入れてくれるだけでなく、

リンパ液を動かす作用もあります。

このリンパ液は、身体の下水道のようなもので、

身体を浄化するものであります。

そして、実際にはカラダの中にリンパ液は血液よりも多い。

しかし、血液と違って、このリンパ液を動かすポンプはない。

身体を動かすことによってしか、リンパを動かす方法はないが、

深呼吸は最も効果的にリンパ液を動かす方法です。

よく、「だまされたと思って・・」といいますが、

「だまされてないと思って・・」やって見て下さいね。

最もカラダに必要な栄養は何だと思いますか?

ミネラルやビタミンでしょうか?

それともタンパク質や炭水化物でしょうか?

実は、それらよりもはるかに大切な栄養要素が二つあります。

普通、栄養と言うときは食べ物だけを考えがちになりますが、

それは、意外にも酸素と水です。

実際問題として、体内のブドウ糖や脂肪、

タンパク質の50%がなくなっても命に別状はありません。

しかし、体内の水の20%がなくなれば人は死にます。

ましては、酸素がなければ、数分間しか生きることが出来ません。

身体の水分(体液)を清潔に保ち、細胞の排泄物を正しく排除し、

必要な酸素と栄養が与えられば、

若さを保てるというわけです。

人の体は左右対称なのでしょうか?

全身で約200個ある骨では、

頭の骨の一部や胸骨、背骨、仙骨などは

左右対称の骨が中央に1個ありますが、

多くは左右対称に2個ずつあります。

全身で約400個ある筋肉も左右対称に2個づつあります。

唯一、例外は横隔膜で1個しかありません。

お腹と胸を分けるドーム状の筋肉で

形はほぼ左右対称形をしています。

したがって、骨と筋肉を合わせて運動器といいますが、

外観の運動器は左右対称といえます。

一方、内臓ではほとんど対称性は保たれていません。

心臓は左よりで左心室と右心室も対称な形ではありません。

肝臓や盲腸は右にありますし、脾臓は左にあります。

小腸や大腸はお腹をグルット回転して対称形ではありません。

つまり、外観は左右対称ですが、内部は非対称なのです。

でも、外観の左右対称形な部分でも良く見ると、細かい違いがあります。

右利きの場合、右腕が1〜2センチ長く、

しかも太いというのは珍しくありません。

また、筋肉の緊張のアンバランスにより

左右の骨盤や肩の高さが異なる人も多く見られます。

これらの差は自分では気付かないことも多いですが、

顔面の左右差は自分でも良く分かります。

顔だけではなく体全体の左右対称性がよく保たれている方が

異性によくモテルという説があります。

その理由は、本来遺伝子は左右対称に体を作るように出来ていて、

異性はよりよい遺伝子を求めるために本能的にそのことを知っていて、

左右対称形の異性を好むというものです。

左右が非対称の場合は遺伝子に損傷があるために起こるという説です。

そういえば、確かに美人や男前の人って顔が左右対称ですよね。














この頃、スギ花粉のせいで目がかゆく鼻がムズムズしだしたので、

花粉症対策をしたら結構スッキリしました。

それは、目と鼻の洗浄です。

目は、洗面器にお湯を一杯張り、顔を洗面器に付けて

目を開けたり閉じたりしてけてパチパチするだけです。

鼻はコップにお湯を八分目注いで、

小さじ一杯程の塩を入れてよくかき混ぜます。

それを手に持って、片方の鼻の穴を指で押さえ、

もう片方の鼻からお湯を吸い上げて、口から出します。

それを両方の鼻を洗浄するわけですが、

昔、耳鼻科でやって貰ったことがあります。

服を着たままやるとビショビショに濡れますから

お風呂でやった方がいいですよ。

気管にお湯が入ってきて「オエッ!」となりましたが、

昨夜試してみましたが、目のかゆみと

鼻のムズムズ感が取れてスッキリしてよく眠れました。

今晩もやってみたいとと思います。

↑このページのトップヘ