あらた整骨院の元気が出るブログ

整体で鹿児島を元気にします! 日々の気づきを投稿中

あらた整骨院の元気が出るブログ イメージ画像

肝臓

あらた整骨院では、患者様お一人、お一人に合わせてしっかりと治療を施す為に、
健康保険は取り扱っておりません。交通事故治療以外は完全自費診療となります。


腰痛首の痛み交通事故ムチ打ち寝違い首のヘルニア辛い肩こりだるい
頭痛
疲れる便秘等も得意な
あらた整骨院のホームページはこちら

ブログの本文はここからです(^_^)v
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

土曜日の夜、娘に彼氏を紹介され、
一緒に騎射場で食事をしました。

とても誠実で優しそうな
好青年だったのでひと安心です!


さて、土曜日にブログで
内臓にも性格があると書きました。

そうなんです。
内臓にも性格がそれぞれあるのです。

東洋医学の本を読んで、それを知りました。

おもしろいですよ。

その人にもって生まれた性格は確かにあるけど
内臓の不調が原因していることもあるのです。

心臓が悪い人は、感情が上昇して興奮しやすい。

はしゃぎ屋さん、オーバーな人になる。
笑うときも、けたたましく大声で笑う。

肺が悪い人は、悲観的になる。
どこかに悲しみや寂しさを背負っている。

肝臓が悪い人は、イライラして怒りっぽくなる。

脾臓が悪い人は、考えすぎて思いつめる。
情緒不安定、人を疑いやすくなる。

腎臓が悪い人は臆病になる。小さなことにもびっくりする。
恐れ、不安、クヨクヨ悩む。

どうですか?

思い当たるふしがありますか?


昔はそうではなかったのに、
あの人最近、急に怒りっぽくなったとか
ありませんか?

怒れば肝臓は悪くなります。

それを逆に利用して、
怒らなければ肝臓は良くなるということです。

「自分の性格は、最近どうかな?」って
家族や友人、恋人に聞いてみましょう。

人間って、他人の性格は良く分かるけど
自分のことはあんまり分からないですもんね。


治療を愛し、人の喜びの為、ただひたすらに、
あなたの笑顔と元気取り戻すことに全力を尽くします。


鹿児島市荒田1−40−11  トーカンマンション1F
荒田八幡神社の真向かいのあらた整骨院の場所はこちら  料金はこちら
活法整体、ボキボキしない手技治療、骨盤矯正、心理学等で治療に当たってます。
                        電話予約制です。℡099−258−1141



あらた整骨院では、患者様お一人、お一人に合わせてしっかりと治療を施す為に、
健康保険は取り扱っておりません。交通事故治療以外は完全自費診療となります。


腰痛首の痛み交通事故ムチ打ち寝違い首のヘルニア辛い肩こりだるい
頭痛
疲れる便秘等も得意な
あらた整骨院のホームページはこちら

ブログの本文はここからです(^_^)v
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

鹿児島は、朝から雨が降り続いています。

本日、病院で肝臓の検査で異常があって
仕事をしばらく休んでいる方が来院しました。

GOTとGPTは、肝臓病の有無について調べるとき、
検診や人間ドックなどで最も一般的に行なわれる検査です。


その数値が異常に上がっていたのです。

今は休養のおかげで数値も正常になっているので良かったです。

もし肝臓がほんとうに悪くなる前に、
自分で好不調が分かればとても役立つと思いませんか?

肝臓の不調の見分け方を列挙してみますね。

肝臓からのサインは、
おでこの下から眉毛の上あたりにでます。


1、つまり、眉間の太いシワです。
ここにくっきり深く長いシワがあるようなら
良くない状態を表しています。

2、イライラする、怒りっぽくなった。
内臓にもそれぞれ性格があるというのをご存知でしょうか?

肝臓の性格は怒りなのです。

つまらないことで怒鳴ってしまう、
というようなことがあれば要注意です。


3、目が疲れる、ショボショボする、まぶしい。

風が吹くと涙が出るなど、
肝臓の不調は目にあらわれます。

4、日焼けに弱い
日光アレルギー、金属アレルギーを起こしやすくなります。

5、けいれんやこむら返りが起こる。
肝臓は筋や腱、関節の運動を支配しています。

6、ツメの先が割れる、欠けてデコボコになる。


こういう症状があれば肝臓病に
一歩踏み込んでいると思いましょう。

取り返しのつかないことになる前に
肝臓をいたわった方がいいでしょう。

怒るのをやめて、脂肪のたっぷりの肉、ジュース、
白砂糖、アルコール、薬、甘い物を減らしましょうね(^_^)v


治療を愛し、人の喜びの為、ただひたすらに、
あなたの笑顔と元気取り戻すことに全力を尽くします。


鹿児島市荒田1−40−11  トーカンマンション1F
荒田八幡神社の真向かいのあらた整骨院の場所はこちら  料金はこちら
活法整体、ボキボキしない手技治療、骨盤矯正、心理学等で治療に当たってます。
                        電話予約制です。℡099−258−1141



忘年会の時期ですが、

お酒は肝臓に負担をかけるのでほどほどに飲みましょうね。


お酒は肝臓で分解される過程でアセトアルデヒド

という物質に変わりますが、アセトアルデヒドは毒性が強く、

お酒をたくさん飲むと全身に廻って体に悪い影響を与えます。


悪酔いや二日酔いなどで起る頭痛や吐き気は、

アセトアルデヒドが脳に行って悪さをしているのが原因なのです。

僕も若い頃は、よくバカ飲みして頭がガンガンしてました。


肝臓は再生力が強い臓器で、お酒を飲む量が少なければ、

傷んだ肝細胞でも、再び元に戻ります。


しかし、毎日大量にお酒を飲むと元に戻らなくなって、

「脂肪肝」という病気になります。


脂肪肝は、お酒だけに限らず、おかずの食べすぎや

ケーキやシュークリームなどの砂糖の摂り過ぎでも起りますからね。


それを利用して作った世界三大珍味が「フォアグラ」です。

それらをやめれば肝臓は元に戻りますが、

それらを長期間、大量に摂り続けると、肝硬変になってしまいます。


肝臓に害を与えないお酒の飲み方の目安は、

ビールなら大ビン2本程度、焼酎のお湯割りならコップで2杯程度

を目安にすればいいようです。

少ないですか?(笑)

↑このページのトップヘ